道具

安価で高性能なLEDライト「アクロ トライアングルグロウ」を導入!

水槽のライトを新しくしようと思っていたら、どこかのレビューに「おにぎり」にした方が良い!みたいなのを発見。「オニギリってなんやねん??」と思い検索してみるとチャームがリリースしているアクロ「トライアングル」っていうプライベートブランドのLEDライト製品の事でした。

このアクロ「トライアングル」、色々と調べてみると他社製品と比較して安価で高性能ということだったので初めて導入。実際どんな感じかレビューしたいと思います。

【アクロ】トライアングルグロウ LED(通称おにぎり)とは?

アクロ TRIANGLE LEDは通称おにぎり
アクロ TRIANGLE LEDは通称おにぎり

水槽用LEDライトのアクロシリーズにも何種類かあって、水槽のサイズに合わせた300・450・600・900・1200。それと搭載するLEDの種類によって「GROW」グロウと「BRIGHT」ブライト、海水用モデルの「MARINE」、それとハイパワーで強烈に明るい「PRO」っていうハイエンドモデルが用意されています。

そして形状もオーバルやトライアングルなどがあり、通称おにぎりと呼ばれているのは「アクロ トライアングル」シリーズを指します。

アクロ トライアングルグロウ600を導入!

我が家では60cm水槽で使いたいのでサイズは600ってやつに。プロは多分オーバースペックだし、やっぱり高くて(性能からすると安いけど)60cmモデルだと24,000円ほどなので却下。

一番の悩みどころはアクロ トライアングルには「GROW」「BRIGHT」の2種類があるってところだったのですが、赤色の水草の成長を促すってところに惹かれて「GROW」を選びました。3000ルーメンと非常に明るいです。

ちなみにBRIGHTは白色LEDだけですがGROWより明るく4200ルーメンという仕様。※どちらも600サイズの明るさです。

ただの白い箱
ただの白い箱

で、ポチるとすぐに到着。白いただの箱でした。コスパ重視が伝わるただの白い箱が潔くて印象的。

同梱物
同梱物

同梱物はこんな感じ。
・本体
・水槽に乗っけるための部品
・ワイヤー2本(別途必要な吊り下げ用のポールを使う場合)
・説明書と保証書

水槽に置くための部品
装着図

本体に差し込んで使います。ちょっと伸ばす事ができるので「57~66cm」の範囲の水槽にライトを乗っける事ができます。

吊り下げ用のポールも買ってみた
吊り下げ用のポールも買ってみた

別途購入が必要ですが、アクロ TRIANGLE LED GROW 600を吊り下げて使うポールを用意してみました。

ライト本体に付属しているワイヤーを使います
ライト本体に付属しているワイヤーを使います

吊り下げ用のポールは別売りですが、ワイヤー2本は予め本体に同梱されています↑。

アクロ TRIANGLE LED GROW 600をセッティング

アクロ TRIANGLE LED GROW 600をセッティングしてみました。白と青と緑と赤のライトが反射してみえますね。

アクロ トライアングルグロウは良い感じ!

白・青・赤・緑のLED
白・青・赤・緑のLED

今回始めて使ってみましたが、「アクロ TRIANGLE LED」はしっかり明るいですし、いまのところ水草も順調に育ってくれてます。誰かも書いてましたがアクアリウム用ライトはケチらない方が良いって事でしたが、性能も良いし手頃なので「アクロ TRIANGLE LED」は良いですね!おにぎりバンザイ!

  • この記事を書いた人

tent管理人

2人の愛娘に囲まれ幸せな40歳。キャンプと釣りが大好きで、暇があっても無くても出かけています。アウトドアギアも大好物!行ったことろ、気になるアイテムや購入したもの、使ったものなどを紹介していきます!

-道具
-, ,