BBQグリル ユニフレーム

チャコスタを買ってみた!火おこしが劇的楽チンになりました。

投稿日:

大阪「二色浜」で潮干狩り

大阪「二色浜」で潮干狩り

こんにちは。

先日、関西にある二色浜で潮干狩りに行ってきました。潮干狩り自体は有料(大人1500円、子供800円)なのですが、近くに無料のBBQ場もあり大阪市内からも30分程度と、家族で楽しむのに最高の場所。

そして、今回はユニフレームの火おこし器「チャコスタ」を導入してみました。

チャコスタで火おこしが楽チン!

チャコスタのパッケージ

チャコスタのパッケージ

随分以前から存在は知っていたのですが、まぁ別に無くても良いか!とずっと購入していなかったアイテムが、ユニフレーム「チャコスタⅡ」。

炭が入った状態

炭が入った状態

チャコスタの形状は三角柱。底面に網がありボディに「小さな穴」が沢山空いてます。見た目は至ってシンプルです。

燃焼する仕組み

燃焼する仕組み

説明によると、ボディに空いている「穴」によって上昇気流が発生、自然と燃焼する仕組みとの事。

ペッタンコになります

ペッタンコになります

チャコスタ本体は1.2kg結構ずっしりしていますが、折りたたむとペッタンコになるので嵩張りません。

ちなみにサイズや材質は下記。

使用時:約190×245×280(高さ)mm
収納時:約280×190×30mm

炉:ステンレス鋼
ハンドル・底網:スチール

チャコスタの使い方

チャコスタの使い方

使い方は非常に簡単。

BBQコンロや焚き火台に着火剤をセット。その上に炭を入れたチャコスタを置くだけ。

団扇でパタパタすることもなく、10分〜15分程で勝手に炭熾しが完了。後は軍手をはめて、チャコスタの取っ手部分を持ち炭をコンロなどに流し込めばOK。

実際に使用しましたが、いや〜マジで簡単。ほっとけばしっかり火が付いているので、火の番とか要らない。早く購入しておけば良かった〜。

BBQを楽しむだけ!

BBQを楽しむだけ!

意外と時間がかかる炭熾し、大量の着火剤を入れたり、ガスバーナーで火をつけたりする必要も無いので、沢山BBQする人にとっては効率的なアイテムですね。あとは、BBQを楽しむだけです!(笑)

ad

ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tent管理人

2人の愛娘に囲まれ幸せな40歳。キャンプと釣りが大好きで、暇があっても無くても出かけています。アウトドアギアも大好物!行ったことろ、気になるアイテムや購入したもの、使ったものなどを紹介していきます!

-BBQグリル, ユニフレーム
-,

Copyright© tent[テント] , 2019 All Rights Reserved.