パタゴニア 衣類

パタゴニア「ナノエアフーディ」が快適過ぎて病みつき!温かいのにぜんぜん蒸れない!

更新日:

今年買ったアイテムではないのですが、パタゴニア「ナノエア フーディ」が蒸れなくて温かく、本当に快適なアウター兼インナー(中間着)なのでご紹介。

パタゴニア「ナノエアフーディ」の特徴

チャックをあけた状態

チャックをあけた状態

フルレンジ・インサレーションを採用した画期的なフーディ。保温性と伸縮性に加えて優れた通気性を提供し、動いたり止まったりを繰り返す山での激しい有酸素運動でも継続的な着用が可能

フルレンジインサレーション=ナノエア フーディに使用されている化繊の中綿のことで、この新しい素材が今までに無い保温性と透湿性を両立させています。

実際に一度着用して1日過ごすと分かるのですが、快適過ぎて1日中着れてしまいます。なので、今では嫁に「同じのばかり着すぎ!」と怒られる始末。

フリースやダウンは温かいのですが、ずっと着てると蒸れてきたり、部屋の中で来ていると必要以上に暑くなる事が多いのですが、ナノエアフーディーは何というか「丁度良い温度感」に自然と保ってくれる印象です。

また、そのまま外に着ていってもある程度風も防いでくれるので温かい。軽いし伸縮性もあるので着続けても疲れないですし、寝る時に着ても快適です。

ナノエアフーディで気になる部分

ヘビー使用:2年目モノ

ヘビー使用:2年目モノ

2年以上着用して感じた「ナノエアフーディ」の気になる部分。相変わらず、秋〜冬場の出番はかなり多いですね。

まず小さい毛玉が沢山できる事。特にこすれる「手首周り」「腰回り」に発生しています。それと、縫製がちょっと雑なのか糸が弱いのか縫い目が綻びやすい。

フード周りの伸縮する部分が数か所ほころんできてます。奥様に何度か縫い直してもらいました。

毛玉毛玉

毛玉毛玉

とは言え、着てる日数や時間を考えると、毛玉なんかは致し方ないかとは思いますが、縫製部分は高い買い物ですし、もう少ししっかりして欲しいなと感じます。

※私が購入したバージョン(登場した翌年のモデル)以降、改善されている可能性もありますのであしからず。

ナノエアフーディの解説動画

ナノエアフーディの詳細スペック

  • 軽量ながら丈夫なリップストップ・ナイロン製のシェルと平織りの裏地はメカニカル・ストレッチと非常に優れた通気性を提供。DWR(耐久性撥水)加工済み
  • 保温性と伸縮性を備えた画期的な60グラム・フルレンジ・インサレーションをシェルと裏地のあいだにはさんだ結果、無制限の動きやすさと優れた通気性(40CFM)を提供するジャケット
  • 両脇に施したナノ・パフの特徴的なレンガ型キルトパターンと、体の各部に沿ったキルトパターンがフィット感と耐久性を向上
  • ジャケットのジッパーを上げたままでも着脱しやすい縁取り付きの伸縮性フード
  • フロントジッパーは内側に撥水性を備えたストームフラップ付き。あごへのあたりが快適なジッパーガレージ付き
  • ハンドウォーマーポケットが2つとチェストポケットが2つ。いずれもハーネスやバックパック着用時もかさばらないジッパーと縁取り付き
  • 伸縮性素材で縁取った袖口と2つの調節ポイントを備えたドローコード付きの裾が温かさを逃さない
  • シェル:メカニカル・ストレッチ織りの1.3オンス・20デニール・リップストップ・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。
  • 裏地:メカニカル・ストレッチ平織りの2オンス・50デニール・ナイロン100%。DWR加工済み。
  • インサレーション:ポリエステル100%の60グラム・フルレンジ・ストレッチ・インサレーション
  • 385 g (13.6 oz)
  • ベトナム製

定価4万円程と正直ちょっと高いな〜と思いますが、一度着るとハマると思います。黒など定番カラーはセールになることがありませんが、それ以外のカラーはセールで3割引きぐらいで購入できることもありますので、狙ってみるのも良いかもですよ!

ad

ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tent管理人

2人の愛娘に囲まれ幸せな40歳。キャンプと釣りが大好きで、暇があっても無くても出かけています。アウトドアギアも大好物!行ったことろ、気になるアイテムや購入したもの、使ったものなどを紹介していきます!

-パタゴニア, 衣類

Copyright© tent[テント] , 2019 All Rights Reserved.