テント

最新おすすめテント6選!人数や種類、選び方を紹介するよ

投稿日:

最新のおすすめテントを紹介。人気のタイプや種類など、個人的に気になるテントをピックアップしています。人数によるテントの選び方なんかも合わせて解説。初心者や入門者にもおすすめですよ。

テントの種類(タイプ)

テント

テント

テントには基本的に4種類のタイプが存在。ドーム型のテント、ツールーム型テント、最近流行りのワンポール型テント、ロッジ型テント。それぞれ特長がありますので見ていきましょう!

ドーム型テント

ドーム型テント

ドーム型テント

定番の形で一般的に認識されているテントがこの形。初心者やベテランまで、利用シーンも多く幅広く使われています。価格帯も手頃なモノが多く初心者や入門者にもピッタリなテントです。設営場所もあまり選ばず、コンパクトなものが多いので持ち運びも便利。風にも強いです。ただ、その分天井が低いなど居住空間は小さいので、別途タープを利用してドーム型+タープという運用をする方も多いですね。

ツールーム型テント

出典:スノーピーク ランドロック

出典:スノーピーク ランドロック

テントの機能とリビングルーム機能(タープ機能)が合体したのがツールームテント。タープとは、日よけみたいなもので、タープの下にテーブルやチェアなどをおきくつろぐ事ができます。大型のモノが多くファミリー向け、大人数向けにピッタリ。ただし、ポールやシートなども大きく重量もあるので、他のタイプのテントと比べる設営が若干手間ではあります。

ワンポール型テント(ティピー型テント)

ワンポール型テント(ティピー型)

ワンポール型テント(ティピー型)

最近よく見かけるのが、このワンポール型テント。円錐形の外観が特徴的で見た目も可愛らしいので人気があります。テント中央部にポールを立てるだけと、シンプル設営方法も人気のポイント。ドーム型に比べて背が高いので、居住空間は広めです。

ロッジ型テント

ロッジ型テント

ロッジ型テント

ロッジ型テントは山小屋のような形をしたテント。他の3種類を凌ぐ大きな居住空間が特長です。

テントの選び方は?

テントの選び方は?

テントの選び方は?

テントの選び方は基本的には、想定される利用人数で選びましょう。それと移動手段ですね。サイズやタイプによって、収納時の大きさもかなり異なります。

ソロキャンプ用テント(1人用)

最近流行りのソロキャップ(1人用)。芸人のヒロシもソロキャンプにハマっていて、その様子をYoutubeで流していますね。テント以外にも、持っていくモノがあるので、収納時はできるだけコンパクトに、そして居住空間があり、簡単にできるものが良いですね。あえて2人用のテントを持っていく人もいるようです。このあたりは、それぞれのキャンプスタイルでしょうね。

ファミリー用テント(3〜5人用)

家族で楽しむためのファミリー用テントは、ほとんど車で行く事になると思いますので、サイズや重量もそこまで気にする必要は無いと思います。もちろん、車に他の荷物も載せますので、その兼ね合いは必要ですが。ツールーム型のテントであれば、リビングルーム側に荷物を置けるので問題ありませんが、ドーム型やワンポール型だと居住空間に荷物を置く必要がありますので、前室の空間を考慮しておく必要があります。もしくは、タープと併用しても良いですね。

大型テント(5人〜)

より大人数で、より広い空間が欲しいキャンパーは、大型テントを選択して下さい。〜15人なんてサイズの超大型テントも存在しています(キャンプ場では見たことないですけどね)収納時は大型で重量もありますが、最近のテントは良く考えられているので、2人ぐらいいれば十分に設営できます。大型テントはツールームタイプのものが多く人気が高いです。うちは家族4人ですが、ツールームタイプの大型テントを使用しています。ゆったりした空間でのんびりできるのが良いですよ。

最新おすすめテントを紹介!

最新のおすすめテント

最新のおすすめテント

最新のおすすめテントを紹介します。

[スノーピーク]アメニティドームM(5人用)

アメニティードームは、スノーピーク社のベストセラーテント。初心者や入門者にもピッタリで簡易に設営できます。サイズもS・M・Lと3種類があり、それぞれ3人用・5人用・6人用という設定。品質も高く長く愛用できるテントです。おすすめ!

[キャンパルジャパン]ピルツ9-DX(4人用)

小川キャンパルのワンポール型の美しいテント「ピルツ」シリーズ。最大10人用までラインナップされているので、人数に合わせてサイズを選択できます。高くて広い開放的な空間が特長。八角錐の見た目も特長的でキャンプ場でも映える事間違いなしなテントです。

[スノーピーク]ランドロック(6人用)

スノーピークの大人気ツールームテント「ランドロック」。広々したリビングと、十分なインナーテントでゆったりとキャンプを楽しむ事ができます。個人的にも愛用中。設営もしっかりと説明書を見て、慣れれば簡単です。収納サイズもかなり大きく重量もあるので、家でも車の中でも場所をとるのがたまに傷。

[コールマン]タフワイドドーム

コールマンの人気ファミリーテントがタフワイドドーム。初心者や入門者のファーストテントとして最適です。なので、スノーピークのアメニティードームと人気を二分しています。最大6人用と居住空間が大きいのも特長。キャンプ場でもよく見かけてるテントです。所有欲を満たしてくれるのはスノーピークですが、印象的にはスノーピークと比べてリーズナブルでコストパフォーマンスが高いと思います。

[キャンパルジャパン]シュナーベル5(5人用)

小川キャンパルのツールーム型テント※小川キャンパルでは、ロッジドームという表記です。よりハイスペックなティエラというモデルもありますが、シュナーベルで必要十分な機能ですし価格的にはより手頃なので、こちらを選択するのもありですね。

[キャンパルジャパン]ヴィガス(3人用)

小川キャンパルのヴィガスは、2018年7月中旬に発売される最新モデルのテント。小型ながら高さ192cmという居住空間を実現したアイテムです。

お気に入りのテントを見つけよう!

お気に入りのテントを見つけよう!

お気に入りのテントを見つけよう!

テントは上で紹介した以外にも、多くのメーカーからかなりの数が出ています。似た形状のものや、個性的なテントまで様々です。上記に紹介したものも勿論良いですが、色々と探してみて下さい。お気に入りのテントを見つけてキャンプを楽しみましょう!

ad

ad

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tent管理人

2人の愛娘に囲まれ幸せな40歳。キャンプと釣りが大好きで、暇があっても無くても出かけています。アウトドアギアも大好物!行ったことろ、気になるアイテムや購入したもの、使ったものなどを紹介していきます!

-テント

Copyright© tent[テント] , 2019 All Rights Reserved.