冬場のじゃのひれアウトドアリゾートでキャンプ

キャンプ場

冬キャンプ@じゃのひれ!強風には本当に注意しよう。

兵庫県南淡路にあるキャンプ場「じゃのひれアウトドアリゾート」に行ってきました。良く行くキャンプ場ですが、冬はあんまり行ったことが無かったので、どんな感じだったかレポート。

じゃのひれアウトドアリゾートって?

出典:じゃのひれアウトドアリゾート
出典:じゃのひれアウトドアリゾート

淡路島の南端にある人気のキャンプ場が「淡路じゃのひれ オートキャンプ場」。かなり大きなキャンプ場で区画のオートサイトからフリーサイト、コテージやエアストリームなど色んなスタイルでキャンプを楽しむ事ができます。

キャンプだけでなく、海上釣堀やシーカヤックやSUP体験、ドルフィンファーム、乗馬体験なども併設されており様々なアクティビティが気軽に体験できるので、ただのキャンプ場ってよりも「総合アウトドアリゾート」という感じでもあり、特に家族連れや初心者キャンパーに人気があると思います。

冬場の「じゃのひれ」でキャンプしてきた!

冬場のじゃのひれアウトドアリゾートでキャンプ
冬場のじゃのひれアウトドアリゾートでキャンプ

冬場のじゃのひれでのキャンプは初めて。広大なフリーサイトは以前は電源なんて無かったのに、フリーサイトだった場所が一部電源サイトに改造されていたので、今回は電源アリの場所を予約。当日の気温は曇りで最高9℃、最低2℃ぐらいでしたが、ホットカーペットや電気毛布が使えたので睡眠時もめちゃ快適でした。ちなみに電源サイトは人気で全て予約で一杯でしたが、電源無しの場所は結構空いてる感じでしたよ。

強風には本当に注意しよう!

写真奥が北

この日は風がかなり強かった。

「じゃのひれ」は立地上、東と南に山があるのでそちらからの風には強いのですが、西側と北側は海なので基本的に冬場は風が強いキャンプ場。特にこの日は西高東低の冬型の気圧配置で関西でも雪がチラつくぐらいの寒さ。じゃのひれでも一瞬雪が降ってくるような感じ。風もかなり強くて予報でも10mぐらいの風で、時折物凄い突風が吹いてきました。

結果、友人のタープを設営していたのですが突風が吹いてきて、地中深くまで刺していた「ペグ」が飛び、友人のオデコにヒット・・・。マジで目に当たらなくて良かった・・・。ペグが飛ぶなんて初めての体験、そして設営したOGAWAのタープのポールも90度に折れ曲がり破損。また他サイトですが↑写真の白い車の奥のタープも後でボロボロに壊れてました。改めて風の中、無理してタープを張る危険性を理解しました。

ランドロックのお籠りスタイルに変更

ランドロックの前室に避難
ランドロックの前室に避難

ということもあり、元々はタープの下で焚き火をしながらって思ってたのですが、急遽ランドロックの前室にてお籠りスタイルで楽しむ事に。風も強く寒かったので、暖かく非常に快適でした。トヨトミのストーブ「KS67H」も大活躍。できたらお座敷っぽい感じにしたかったですけどね〜。

魚釣りは撃沈・・・

魚釣りは撃沈・・・
魚釣りは撃沈・・・

じゃのひれアウトドアリゾートの奥にある波止でサビキ釣りをしたのですが、残念ながら何も釣れず。子供たちも楽しみにしてたんですが駄目でした(涙)良い時期だとメバルやアオリイカが釣れたり、イワシやアジが入れ喰いになったりするんですけどね〜。

ちなみに、じゃのひれに併設されているフィッシングパーク(海上釣堀)は、そこそこ賑わってましたよ。遠目からでも鯛が釣れてたりするので大物を釣りたい人は有料ですが、そちらが良いかもしれません。

「じゃのひれ」の電源サイトなら冬でも問題無し。

ともあれ、強風下で大ハプニングもありましたが、それ以降は問題無く楽しく過ごせました。電源サイトだったので、夜も暖かく快適に寝れるので冬でも問題なかったですよ。

  • この記事を書いた人

tent管理人

2人の愛娘に囲まれ幸せな40歳。キャンプと釣りが大好きで、暇があっても無くても出かけています。アウトドアギアも大好物!行ったことろ、気になるアイテムや購入したもの、使ったものなどを紹介していきます!

-キャンプ場
-